ログインはこちらから
トップページへ
[1] << 前を表示 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次を表示 >> [60]

ヒロシです。
寿司ネタはとにかく安い順と決めてるから迷いません、注文の速い俺です、ただ、店のほうではあまり歓迎してないです。 やまちゃんさん

ヒロシです。
赤に変わりかけたのを見ながら横断歩道を突っ切ろうとしたらピイーッと笛が鳴りました。あれは俺に対してじゃないと思いましたが、一応踏みとどまって吹いた奴を探しました、そう云えば交通安全週間の立てカンが置いてあったのを思い出しました。 やまちゃんさん

ヒロシです。
飴を口に入れて煎餅もかじってたら、硬い飴に
歯が当たって欠けた気がします、何でも一緒くたにするといいことはないです。 やまちゃんさん

ヒロシです。
暑いのでシャツを腕まくりしたんですが、そのまま今度はジャケットを着たら、二の腕がキモチ悪くて我慢できません。 やまちゃんさん

ヒロシです。
車の自動運転は無意味です、レールの上に載っかってる訳じゃないんだから、悪いことは云わないから止めといたほうがいいです、必ず事故ります。どうせ見張り役の運転手も要りますから、人手も減りません。 やまちゃんさん

ヒロシです。
傘を挿していたら持っている手が冷たく濡れてきたので、おかしいなと思ったら、骨のどれかから雨水が伝わって降りて来ます、体は濡れないけど持つ手だけが濡れるヘンな傘です。ハンカチを巻き付けたら、それより下へは降りて来なくなりました。 やまちゃんさん

ヒロシです。
いつも通る道端に捨ててあるボロ椅子に座っているおばあさんの姿が、この頃見えないので心配です。前にもそういうことがあったので声を掛けたら、病院へ自分でバスを乗り継いで行って身の上話をして、2ケ月ほど上げ膳・据え膳でリフレッシュして来た、と云ってました。今回も病院の土産話を聴くつもりの俺です、豪快ばあさん、早く来てね、待ってるよ。 やまちゃんさん

ヒロシです。
スカーフをきりりと首に巻いたすてきな女の人に、鎖を首に巻かれて横になった時の気持ちを訊いてみたい、と思っただけでどきどきしてきました。 やまちゃんさん

ヒロシです。
小さい蠅が寄ってきて離れないので、そんなに俺が好きなら、腐ったキュウリになってやろうかと言いました。うりゃー、と(瓜やと)答えが返って来ないのは当たり前だけど、漬け物以下の人間と言えば俺がそうです。 やまちゃんさん

ヒロシです。
足の裏が冷えて寝付けないので、電気釜をふとんに入れて足を載せています。スイッチを入れると温かくて、朝ご飯も炊けて効率的というのか合理的というのか、まあそんなもんです。 やまちゃんさん

ヒロシです。
小銭入れの中を探し廻っても何も出て来ない時は出て来ません、でももう一度探します。 やまちゃんさん

ヒロシです。
エレベータは閉まりかけても腕を突っ込めばもう一度開きます、でも指を突っ込んだらそのまま閉まって開きません、そのまま指だけ持って行かれます、これは怖いです。 やまちゃんさん

ヒロシです。
部屋の中が暑い時は、水で濡らしたタオルを首に巻いて注意されるまで何とか保たせます、でも何度もやるのは無理です。 やまちゃんさん

ヒロシです。
混み合う電車の中で大きなタブレットを抱えている人は小さなスマホにすべきです。 やまちゃんさん

ヒロシです。
人込みでは他人の背中にくっ付いて歩くと向かいからやって来る人との正面衝突を回避できます、但し、不審者に見られても俺は責任を負いません。。 やまちゃんさん

[1] << 前を表示 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次を表示 >> [60]
TOPへ