ログインはこちらから
トップページへ
[1] << 前を表示 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次を表示 >> [60]

ヒロシです。
盛り場を通ると、客引きのにいちゃん、ねえちゃんで溢れてます、通行人より多くいるので、障害物競走よりも通り抜けるのが難しいです。愛想笑いをしながら切り抜けますが、通過し終わる頃にはさすがに顔の筋肉が引き攣ってます。 やまちゃんさん

ヒロシです。
靴べらで遊んでいたら、踏んだのが上のほうへ跳ね返って来て、おでこをぺしゃっ、と叩かれました、天罰です。 やまちゃんさん

ヒロシです。
バイト先の机でボールペンが向こう側へ落ちたので、しゃがんで取ろうと机の下へ潜ったら、遠くにストッキングを履いた膝小僧が2つ並んでいます。丁度こちらを向いてるので正面奥の仏さんまで丸見え、…仏さんは生でした。俺、そう云えば何をするんだったっけ⁉ やまちゃんさん

ヒロシです。
試しに、団扇の手を止めて、顔を団扇の前で左右に振ったら涼しいかどうかやってみたら、余計に汗を掻いただけでした。 やまちゃんさん

ヒロシです。
女の人は、バッグやら紙袋やらケーキの箱やら、4つも5つも両手にぶら下げて、よく置き忘れて来ないな〜、といつも感心します、男とは決定的に違います。 やまちゃんさん

ヒロシです。
店の紙ナプキンを余分に貰って鼻紙にしました、急に冷えたので昨日から風邪引いたみたいです。 やまちゃんさん

ヒロシです。
行列店が空いてくるのは午後1時近くなので、美味いものを慌てて食べるしかありません、世の中上手くはできてません。 やまちゃんさん

ヒロシです。
おばあさんが真っ赤な口紅をハート形に塗りたくっていたので、ピエロにしか見えません、と助言しようと思いましたがあまりにも可哀想なので、やっぱりやめときました。 やまちゃんさん

ヒロシです。
どうしても眠くて仕方ないときは、サロメチール・ローションか又はキンカンを、眼の廻りに塗りたくって下さい、嫌でも眼が覚めて、翌朝くらいまで起きてられます。但し、翌日のことは俺は一切の責任を持ちません。なお付け加えますが、俺はメーカーの販促員じゃないです、単に一消費者、です。 やまちゃんさん

ヒロシです。
むしゃくしゃした時は電車のガード下へ行って、電車が通過する間、負けないで大声をわあっ、と出していると少しはむしゃくしゃが取れます。 やまちゃんさん

ヒロシです。
忘れるほうが忘れないよりトクだというのが結論です、そもそも認識を持たない、ということですから。 やまちゃんさん

ヒロシです。
普通ならこうはやらないよな、というのを人の癖と言うなら、俺は癖だらけで出来てる人間です。でも普通、って何ですか、普通の人って言うのはどういう行動をする人のことを言うのか、誰か分かる人がいるなら教えて欲しいもんです。 やまちゃんさん

ヒロシです。
机の上の伝票の束の上に、重し代わりにどら焼きを載せて外を廻ってきたら、どら焼きが横へ飛んで机の下へ落ちかかってました。誰かが喰おうとした疑いを、俺は今も根強く持っています。重し代わりにお菓子類、例えばチョコボールの箱を載せとくのなんかはもうヤメです。そういうのがやれる職場とやれない職場を見分ける眼力を養うのが、先ず大事です。 やまちゃんさん

ヒロシです。
横断歩道を歩いていると、左折待ちの車が寄って来て俺を睨み付けています、なるべく眼を合わせないように渡り切ります。 やまちゃんさん

ヒロシです。
駅前で配っているティシューが溜まり過ぎて畳一畳を占領しているので、まとめてLLサイズのゴミ袋に入れて捨てました、これは循環型社会の良い例です、畳一畳分は俺が毎月払う家賃の15%を占めます。 やまちゃんさん

[1] << 前を表示 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次を表示 >> [60]
TOPへ